2021年音座なまらいぶ小樽は今年も開催中止としました。

「2021年音座なまらいぶ小樽」は昨年から続く新型ウイルスの感染・対策動向や小樽の会場を中心とした飲食店の状況を見ながら検討しましたが、残念ですが開催中止としました。

参加会場はいろいろ規制がかかるなか、感染対策や人数制限などに注意しながら通常ライブを継続されています。

そんな会場に対して「なまらいぶ的な人の流れ」を創ることが良いのだろうか?

「なまらいぶ的な人の流れ」を創らない「なまらいぶ」は意味があるのだろうか?

現在はまだ感染が収まらず、秋に仮に収まったとしても「今までのような人の流れを創る」ことはできないと考えました。

今後は音楽に限らず、今までの「あたりまえ」が変わり、イベント等の基本的な考え方にも変化が生じると思います。

一方、ミュージシャンも活動停止・バンド練習激減など厳しい状況があると思いますが、活動内容に応じた演奏機会を作ることは可能だと思います。

これから夏本番、オープンな環境で演奏することは問題ないと思います。

来年はまたみんなが小樽に集合できて、「音座なまらいぶ小樽」も含めて小樽の街と音楽を楽しむ事ができるように願っています。

音座なまらいぶ小樽実行委員会